ブラインドボクシングとは

ブラインドボクシングは我々ブ ラインドボクシング協会が考え出した

世界初の競技です。


競 技者となる視 覚障がい者 の顔面、頭部への打撃による障害の悪化

を防ぐことに重点に置き下記の ようなルー ルを 制定しました。


[競技方法]
 視覚障がい者である競技者と相手役となる

  トレーナー(競技者ではない)のペアで実施する。

 競 技者はトレーナー相手に種々のパンチで攻撃する技術を競う。
 トレーナーは首に鈴を装着し、リング上の自分の位置を競技者に

 知らせるよう、鈴の音をならす。

 トレー ナーは軽くパンチを出し、競技者に自分の位置をしらせたり、

 競技者の防御がおろそかになっていることを気付かせることはするが、

 攻撃はしない。



[競技時間
]
 2分間とする。

[採 点]
 採点はレフリーと ジャッジ2名の計3 名で実施する。
 採点項目は次の5項目とし、各10点満点とし、重みづけを%で示す。
 ①相手を追えているか 20%
 ②有効打(ブロックされても体重が乗っていればOK)の数  30%
 ③パンチの種類   20%
 ④打った後の防御姿勢   20%
 ⑤ファイティングスピリッツ  10%
 例;①3点②2点③4点④2点⑤5点
 →3
×20%+2×30%+4×20%+2×20%+5×10%= 総合2.9点

[勝敗の決定]
 競技者が全員競技を終わった段階で点数を計算し点数の多い者を勝者とする。
 ただし、各項目で著しい高得点ある場合は技能賞、敢闘賞、殊勲賞などの
 特別賞を授与する



『BLIND BOXING(ブラインドボクシング)』は商標登録されています。